福salon/治療院FUKUHARA/武道整体/福ワット/フォアスクワット/美容整体/美容体操/美脚/美姿勢/大阪/枚方/健康/鍼灸/整体

フォアトレ効果

フォアトレーニング効果

画像の説明

福ワットとは、フォアスクワットの通称名です。

下半身だけではなく、これだけで全身を色んな角度から整えられるスクワットですので、是非皆さん取り組んでみてください。
なお、福ワットは福整体を受けられた方はより身体の変化を感じられると思いますし、整体へ来られていない間のメンテナンスにもなります。
福ワットの詳細につきましては、間違えて行うと怪我や痛みを発生させる原因となりますし、誤解されることにもなりますので、詳細は整体や福道場へ来られた際に指導させて頂いております。
ここでは福ワットを続ける事によって、今後期待が出来得る効果について書いていきたいと思います。

フォアストレッチがストレッチを変える

ストレッチのイメージは「痛い」「時間がかかる」と思う方がほとんどでしょうね。「生まれつき固い」という方もいらっしゃいますが、実際生まれつき固い方っているのでしょうか?(笑)赤ちゃんの時は大体皆さんフニャフニャで、柔らかいものです。ま、そんな事を言っても、柔らかくする必要性がなければストレッチなんてしませんよね。
実際のところ、「身体が柔らかければ整形外科的な症状や病気を起こさない」とは言えませんから、「絶対にストレッチが必要ですか?」と言われてしまえば、私は無理にやる必要はないと思います。
が、私の実感として、身体が柔らかい方が「身体は軽い」ことは事実ありますし、可動域が上がれば単純に動きやすく身体のラインも美しくなることは間違いありません。出来れば普段から少しづつでも行えれば良いだろうと思います
考案したフォアストレッチは繰り返し行うと、「簡単に、無理なく、自然に」柔らかくなっていきます。フォアとは「前」ですが、頭からではなく、ます体幹を緩めて、体幹から前に倒し、身体の末端を緩めていくストレッチです。体幹とは背骨や骨盤、肩甲骨です。これらを先に緩めておけば、手足末端が柔らかくなるのはたやすいことです。まずは中心を緩めるじっくりフォアストレッチを行ってみてください。驚くほど末端が柔らかくなる事を感じるはずです。
画像の説明

フォアトレーニングが怪我や病気の少ない身体へ変える!

 
 皆さん「フォアフット」をご存知だろうか?フォアフットとは足裏の前側、指側の事を指す。さぁ今すぐジャンプをしてみて欲しい。皆さんの着地はどこだろうか?かかと?内側?外側?恐らくジャンプでそんな方は居ないだろう。ほとんどの方が前側、だと思う。前側が重みを受け止める重要な場所で、他は残りの力を流す場所になる。一度かかとで着地してみて欲しい。衝撃が体中に走るのがよくわかる。つまり、歩く時でもかかと着地は身体に全く良くない。だが、多くの方はかかとや内側、外側に体重が乗った身体になっている。するとどうなるか。身体はただ歩くだけで徐々に損傷していく。それは腰痛や膝痛を引き起こし、ひいては頸椎や脳への影響にもなり得る。こんな身体で日々生活していて身体がおかしくならないわけがない。ただそれは素人では気付かないし、指摘されてもなかなか治せないのが常だ。ただ、実際に困った時には損傷が進み過ぎて方向性を変える事にやはり時間がかかる。
マラソンや陸上の世界では当たり前のフォアフット着地のフォアフット走行。これはスポーツに限ったことではなく誰にでも必要な身体の基本だ。私はフォアフットによる身体作りをフォアトレーニングとしている。足元から身体を作ると確実に身体も意識もフォア(前向き)へ変わっていく
画像の説明

転ばぬ先の「足(杖)」 転ばないはなく、「転べない身体作り」

 最近特に多いのが、年配者の「骨折」。
これは骨粗鬆症から来る脆弱性骨折で、主に脊椎(特に腰椎)、大腿骨、そして前腕骨が骨折しています。骨折の原因の多くは転倒です。転倒時の骨折を防ぐために、医療現場でも薬剤(プラリアやビタミンD製剤など)による骨密度の強化に努めているようですが、実際の効果としては「いまいち…」という感は否めません。実際の検査数値としては「あまり変わらない」か、「少し上がる」というのが実情です。ただ、見方によっては「減っていないから現状維持出来ている」とも言えますので、骨密度の強化に繋がっているとは言えます。
そもそも何故転倒してしまうのでしょうか?若い方でも何でもないところで「つまずく」ことはよくある事です。これは「足が上がっていないから」とも言えますが、若い人はつまずいても転倒に繋がること自体が少ないのです。
つまずいても足が前に出れば転倒しにくい
 「転ばぬ先の杖」と言いますが、杖が前にあれば良いように、足が自然と前に出れば実は転倒しにくいのです。腰が引けて身体が前のめりになると、足は硬直しやすくなり、自然と足が前に出る行為自体が困難となります。腰が入り、足が自由に動く身体作りが、実は将来的にも「転べない身体作り」となり、後にも先にも自分自身の財産となる取り組みになってくるでしょう。
画像の説明

下半身を鍛えると上半身の体脂肪も減りやすい

下半身は上半身に比べてどれぐらいの筋肉量を持っているかご存知でしょうか?
男性   上半身 40%
     下半身 60%

女性   上半身 30%
     下半身 70%
 
が大体の平均値です。
筋肉のカロリーの消費量は大きいもので、筋肉量が増えれば熱を消費しやすくなります。熱を排泄する時にカロリーは消費されますから、例えば熱い日の方が熱は放散し、カロリーを消費しやすくなるわけです。そのため冬は痩せにくくなるわけですね。
体脂肪を減らせば身体は引き締まり、ダイエットになるわけですが、そのためには摂取カロリーよりも消費カロリーが増えないといけません。その上で大切なことは筋肉量が多いところを中心に鍛えることです。全身の筋肉の6~7割を占めている下半身は体脂肪を減らす重要な場所で、カロリーの消費に大活躍してくれます。1日10回の福ワットと 15分以上の継続した有酸素運動が体脂肪を減らすには効果的です!続けて行っていきましょう!

画像の説明

ポッコリお腹も解消!くびれも出来てくる!

 福ワットを続けていくと、腰回りの筋肉、とくにインナーマッスルと呼ばれる腸腰筋(腸骨筋+大腰筋)が自然と鍛えられていきます。腸腰筋は腰骨(腰椎)と骨盤から、股関節の大腿骨に付着しています。この筋肉は子供の頃は張りもありますが、年齢を重ねる度に緩んできます。これは皮膚のしわがたるむのと似ています。たるみはすなわち筋肉の衰えですから、自然と足も上がらなくなってきます。そして筋肉がたるむことによって腰の生理的な弯曲もなくなり、徐々に腰骨は後ろに後退し、腰が曲がるという現象を引き起こします。こうなるとくびれどころではなく、内臓にも空間が出来てきますから、内臓脂肪がお腹に溜まりやすくなります。そのため、皆さん年齢を重ねるとポッコリお腹になっていくのですね。福ワットはその原因の中心となっている腸腰筋を鍛え、腰椎に必要な生理的な弯曲の再生を土台となる骨盤から促し、くびれの復活を期待できます。
 また、上記のように内臓脂肪も減ってきますから、ポッコリお腹も引き締まり、中高年に陥りがちなメタボリックシンドロームの予防も期待出来るのです。

画像の説明

軟骨はスポンジ!正しい身体作りで、スポンジの水を潤すと若返る!!

 最近はサプリメントが流行し、様々な健康食品が発売され、芸能人から一般家庭でも簡単に摂取されるようになってきました。軟骨に良いとされるコンドロイチン・グルコサミン。効能効果はさておき、大人気です。ただこのサプリメント、摂取するだけではまだ足りません。それは軟骨に負担の無い身体の使い方、正しい関節の使い方を身に付けないと良いものも焼け石に水。軟骨は破壊され、関節液はドンドン流れ出てしまいます。軟骨はスポンジのような仕組みで、軟骨内の関節液が衝撃の緩衝材にもなり、また軟骨の栄養剤にもなっているのです。圧がかかると関節液が染み出し、圧が弱まると関節液が軟骨に吸収されるという繰り返しを自然と行っています。しかし、関節の圧のかかり方が偏ったり、圧が強すぎると、軟骨は破壊され、滑液が軟骨へ戻らなくなり、軟骨の分解成分により炎症が進み、関節痛などを引き起こすのです。これは膝だけではなく、背骨の椎間板も同じ事が言えます。椎間板も軟骨で、同じ働きをしています。
身体の若さは水分の保持力(スポンジ力)に比例します。身体の使い方を学び、スポンジ力の衰えない正しい身体作りを日々行っていきましょう!

画像の説明

「そろりそろり・・」で体幹力アップ!大腰筋を蘇らせ、艶のある下半身へ!

「トップアスリート」と「そうでないアスリート」の違いを調べると大腿の筋肉の違いはなく、更に「元気なお年寄り」と「寝たきりのお年寄り」の違いを調べたところ、両者ともに大きな違いが出たのが大腰筋。大腰筋は深層筋であり、腰椎から大腿骨に付いている筋肉です。この筋肉は脚を腰椎から支え、脚を引き上げる役割を担っていますが、実は最初の小さな動きだけで、あとは表層の筋肉やお尻の筋肉が脚を引き上げているのです。たかが初動の筋肉ですが、活性化されているかどうかで下半身の筋肉の艶、代謝力、回復力が全く変わってきます。更に下肢の内転筋群が主に動くようになり、子供の頃ようなモチモチとした筋肉が養われ、関節の負担が大幅に減少。お尻もプリッとした美尻に自然と近づくのです。肛門括約筋や尿道括約筋も同時に活性化されますので、メリハリのある排便が大いに期待できます。
 鍛え方は、「少し足を引き上げた状態を保ちながら身体を使っていくこと」です。「そろりそろり・・」はその象徴と言えますが、ここでは福ワットをお勧め致します。福ワットは足を引き上げながら行うスクワットです。気になる大腿部は太くならずに、効果的に大腰筋、内転筋を活性化させることができます。是非お試し下さい!

画像の説明

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional