治療院FUKUHARA/大阪/枚方/鍼灸治療/ガン/難病/糖尿病/不定愁訴

智的創造空間 F会

智的創造空間 F会

「F会」は、より良い人生を皆で育んでいくための教室です。

F会講義

半ばは自己の幸せを 半ばは他人の幸せを
これは、私が学んでいる少林寺拳法で教えていただく言葉です。

個人発表

皆さんが想像するように、「半分は自分の幸せ、半分は周りの幸せ」と思っても間違いではありません。

人は何かを為すときに、「自分の事だけ、自分がやりたいことをやりたい時にやる」ということが多いのではないでしょうか?

例えば結婚したとして、初めは相手の幸せにすると宣言していたのにも関わらず、ドンドンとそういう事も忘れてしまって、結婚した時の気持ちも無くなり、何故一緒に生活しているのか疑問になっている方は案外多いと思うのですが、そもそも二人で生活していくのにも関わらず、お互いにより良くしていかないのであれば一緒に居る必要ないですよね?

結婚している事実だけが欲しければ、別居してでも別々に生活すれば良いわけです。

人間として産まれて、私達は人間と関わらずに生活することは到底無理です。

まず、産まれてきたからには家族がいます。産まれてきて、もちろん不幸にも家族が居ない場合もありますが、多くは家族がいるわけです。

家族と関わり、そして学校に行けば友達と、先生と、そして働くようになれば、そこで関わるスタッフがいます。
また、ご飯を食べるためには農業をする人が必要ですし、またインターネットするためにはそれに関わる仕事をする人がいるから出来るわけです。

つまり、私たちは多くと関わり続けないとより良い生活がたちまち立ち行かなくなるわけです。

家族で参加

そこでは、皆の多くが幸せになることを想い続け、苦しむことを望んではいないのです。

結婚生活も自分がしんどいからと相手に全てを押し付けたり、また自分の時間だけを優先するような事はどちらかが我慢すれば成立しますが、我慢が限界に達すればたちまち結婚生活は破綻を迎えます。

破綻をさせることが目的ならそれでも構いませんが、破綻させることを望まないのであれば、自分の幸せだけではなく、相手の幸せも考えなければなりません。

自分の幸せが、皆の幸せに繋がるようになるように考えるのです。

幸せは、自分だけのことを考えると成立しないように出来ています。

「皆の幸せを考える」

「F会」は、他人の幸せに繋げられる思考や行動に移せる人間を養うための大人の教室です。

日常で起きる様々なことから自分自身を掘り下げ、自身の思考や行動を見直し、家族や会社などでより良い関係を作れる人間を一人でも多く養うことを目的とし、そのための方法として、前で発表して貰うようにしております。

個人発表

日常を自身で行動し、自身で変化があったり気づいたことを発表し、そしてまた今後に活かします。

また、周りの参加者の発表に耳を傾けることで、自分の生活ではない貴重な体験談を伺うこともでき、それをまた日常に還元することも出来るのです。
「F会」は、日常や人間関係をより良くしていきたい人のための教室です。
より良くしていきたいとお望みの方は、下記のメールや電話番号で連絡を下さい。
皆様のご参加をお待ちしております。

F会 円座会

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional