福salon/治療院FUKUHARA/武道整体/福ワット/フォアトレーニング/美容整体/美容体操/美脚/美姿勢/大阪/枚方/健康/鍼灸/整体

検証コーナー

検証コーナー

振動マシンはフォアフットだと伝わりにくい

振動マシンは揺れに逆らって踏ん張る事で筋肉を付けるが、踏ん張らないフォアフットは地面からの刺激を流せる! 
 最近話題の振動マシン。私も健康器具コーナーなどで体験したことがある。初めて乗った時は身体も出来ていなかった事もあり、普通によく振動して身体も揺れていた。この刺激で筋力が付くのかと驚いたものだ。しかし最近、新しいマシンが出ていたので改めて乗ってみたところ・・・
「あれ?揺れない。・・・なんで?」
と思い、色々足を動かしてみるとバックフット(かかと重心)にすると良く揺れた。振動マシンはステップ板をシーソーのように揺らし、その揺れに逆らって踏ん張って立つことで膝蓋腱反射的な力で筋力が強化される(伸展後の反射的な屈曲の繰り返し)
これを続けると「踏ん張り力」が付く。ただしここに問題がある。筋力は付くが身体を固めて踏ん張る筋力が付くので、痩せやすくなっても、疲れやすい体質になるのだ。
逆にフォアフットで立つとあまり振動を感じない。これは振動を流して刺激を身体に残さない立ち方だからだ。このままじっと立ち続けると「踏ん張らない力」が付く。つまり、身体を緩める筋力が付くので、痩せやすくなりながら、疲れにくい体質になる。見た目にはわかりにくいが、実は全く違う結果が身体には表れていくのだ。
画像の説明

讃井さんのスロージョギング!フォアフット着地が身体を内から変える!

安全できつくなく、気持ち良くて元気が出る讃井里佳子さんが推奨する「らくらくスロージョギング運動」。スローならば何故ウオーキングではなく、ジョギングが良いのか。
ウオーキングとランニング(ジョギング)の違いは、足が地面に付いているかどうか。ウオーキングはどちらかの足が必ず地面についているのに対し、ランニングはジャンプの連続で両足が地面から離れる瞬間がある。スロージョギングは足先を反らして足の指の付け根で着地(フォアフット着地)。歩幅を小さく、小刻みに走る。実はこれで、地面を蹴る力というよりアキレス腱のバネの力を利用して前に進めるのだ。するとどうなるか。肚が前に出るようになり、無理のない一体感を伴う身体作りに繋がるのだ。これは脚を引き上げる動作が大きくなるため、上半身と下半身を繋ぐ「腸腰筋」が活性化されるから。更に「大殿筋」「大腿四頭筋」が使われ、ポイントさえ間違わずに行えば、ウオーキングよりもエネルギー消費量が二倍になり、更に下半身(足腰)の強化になる。またウオーキングのように「かかと」で着地しないことによって、身体にかかる衝撃も3分の1に。老若男女、様々な年代の方々の体力増強、生活習慣病、認知やがんの予防に繋がる素晴らしい運動だと思われる。
画像の説明

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional