治療院FUKUHARA/大阪/枚方/鍼灸治療/ガン/難病/糖尿病/不定愁訴

骨格調整・整体

骨格調整・整体

画像の説明

骨格調整・整体とは

人間の身体の中には自律神経が通っております。その自律神経が我々の肉体を自由自在に動かしており、自律神経の働きによって私たちは生きていると言っても過言ではありません。自分を律する神経であり、何かしらのストレスによって負荷がかかればたちまち立つことも出来なくなるという、日常生活にとって欠くことが出来ない神経ですが、その存在はあまりにも見えにくく、調子が良い時こそその存在を忘れがちになります。

自律神経は大脳から仙椎まで、脊椎やその周りの筋肉によって守られながら静かに仕事を行っております。
画像の説明

骨格のゆがみによる自律神経の症状には骨格調整・整体

普段は静かに仕事を行っている自律神経ですが、活発に動き出すときがあります。それが肉体の非常事態の時です。
例えば、骨折した時や脱臼した時をイメージしてみてください。
骨が折れれば痛みが生じます。骨折部位周辺では血流を増進させ、真っ赤になり腫れあがるのです。足だったら歩くことさえもはばかりません。
肩の脱臼でも同じです。

このすべての症状を実は自律神経が自動で行っておるわけです。
痛みを与えないと折れていることや脱臼していることにも気付かないでしょう。
血流を増進させないと損傷した組織が回復できないわけです。

これを骨折部位の整復が出来て、脱臼部位の整復が出来れば余計な痛みを発生させる必要が無くなりますから、自律神経も安心して落ち着いてくるわけです。

画像の説明

画像の説明

背骨の中に自律神経は通っていますから、背骨の通りは大切

姿勢が悪くなっている方が沢山いらっしゃいますが、これが自律神経の自由を奪っています。自律神経は常に恒常性の維持を計り、より良い生命活動の保持を行っています。しかし、この通りが悪い状態が続けば、抑えられている自律神経が果たしているはずの自衛機能が落ちてきます。例えば、「腰椎ヘルニアで排尿障害になる」「頸椎ヘルニアで手足の感覚が痺れて無くなる・力がはいらなくなる」「背中が曲がってしまって、食欲がでない」「腰椎症からの坐骨神経痛で長く歩いていられない」などです。
画像の説明

また背骨を支えているのは骨盤や下肢の骨格や筋肉 です

人間は四足歩行ではありません。
二足歩行で歩いていますから、上半身の重力を支えているのも腰下肢です。
背骨は仙骨に続いており、仙骨は腸骨に囲まれ、腸骨は大腿骨と繋がり、膝蓋骨、脛骨、腓骨、足関節に繋がっていきます。
つまり、体重のかかり方、歩き方によっても背骨にかかる負担は大きくなってくるわけです。
画像の説明

武道を続けてきて自分自身で作り上げた身体技法による調整法

武道ではなくの武術の根本は「いかに早く相手を倒すか」に尽きます。無駄な動きがなく、最小限の力で、最高の効果を相手に与えなければなりません。そのために必要な事は、一番の武器である自分自身の身体を最大限に使えるように作り上げるということに尽きます。
全てを上手く使いきるには、骨や筋肉、神経などがきちんと連動している状態を作らねばなりません。
つまり、背骨が捻じれていたり、膝が変形していたり、肩が上がっていたり、腰が曲がっていたり、猫背になっているようでは身体が上手く連動せず、自分の力を最小かつ最大に発揮することが出来ないのです。

高校時代から武道に勤しみ、今現在まで続けてきて、太っていた身体は引き締まり、最小且つ最高に相手に力を伝えられる身体を研究し続け、身体の連動性を活用した骨格調整・整体が出来るようになりました。
今までは自分自身の身体の調整でめいいっぱいでしたが、人の身体へ応用できるようになりました。

往診でも、当院でも治療費は統一しておりますが、遠方の場合は別途ご相談とします。

骨格調整・整体の料金

骨格調整・整体     … 7,000円

画像の説明

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional